神奈川出身SHUです。社会人8年目、日系メーカーに社内SEとして勤務。何事も楽しんだもの勝ち!がモットー。ただ今育休中。


by btsoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

停電

今日は昼間に2回停電あり。

そして定時ごろ
メディアより「全国的な停電」とアナウンスされたと人事からお知らせあり。
明日のために節電するのでオフィスを6時までにはでなさい、とのこと。

停電は何度かあったけど、こんな大規模な停電は初めて。

とりあえず帰り支度をして退社。
冷蔵庫が開けられないと思ったので、ちょっと寄り道してサンドイッチ購入。
渋滞につかまり、サンドイッチをつまみながら自宅へ。



自宅に着いた頃、というか運転中も思ったけど、街の明かりついている。
自宅の電気をつけてみても普通につく。
外を見てみても、ばっちり電灯がついてる。

普通だ。

よかったよかったと思いつつ、油断ならないと思い返す。
今日は良くても明日停電になる可能性大。

なぜならここはパナマ。
「昨晩電力使っちゃったから今日なくなっちゃった」なーんて、すごくあり得る。


とりあえず・・
ライターとろうそくの場所を確認。
 ※ ライターは会社の方から本日頂きました(=停電の準備不足)。
冷蔵庫が水びだしになってもいいように、タオルをしく。
暗闇でつまづかない様に、ゴミ箱などを部屋の端っこによせる。
水も出ない、なんてことがあった時様に貯水ボトルを増やす。

明日が無事に終わりますように。


今週どっかで懐中電灯買っておこ。


--------------
<後日追記>

翌日、電気は普通についたもののなぜかガスが出ない(関連性全くなし)。

やっぱりパナマだなぁと思いながら水シャワー、出勤。
帰ったらガス出たので一安心でした。


あれ以降、停電はなく安定中。
[PR]
by btsoon | 2013-02-26 11:49

寝すぎ

今週は本当によく寝た一週間になりました。

今週はグアテマラとコロンビアに出張、
ホテルや家に帰って仕事の続きをしようとしても
逃げれない睡魔が襲い、頭痛もしてきた時もあったので、

「ちょっとだけ寝よう」

と思い床についたら、朝まで爆睡なんて事が幾度かありました。
かつ、週末もお昼寝当たり前の状況。。

先週と今週でよく飛んだからかもしれないけど
疲れが取れにくくなったのかなぁ、とちょっと歳を心配。



もう2月が終わり。任期もあと3か月。

仕事をどのように終わらせるか考えつつ推進。
1月に上司と残り期間のミッション合意して推進しているにも関わらず
やってみるとどこまで現場に入り込むかのバランスが結構難しかったりする。
今実際やってる事とミッションを書き出すと、ちょっとチグハグなことが分かる。
でも、もうあと3か月。この2か月で終わらせる気持ちで進めなきゃね。

プライベートもどこまで充実させれるかと考える。
それはつまり「どこに旅行に行けるか」ということ(笑)。
土日で行ける場所をリストアップ、参加できそうな現地ツアーを検索。
あとは行ける日を・・ 決めれるかな?!



久しぶりにお弁当を作り、明日の準備完了。
今日もしっかり寝て明日に備えよう。
[PR]
by btsoon | 2013-02-25 12:07

先週末に妹の結婚式が東京でありました。

パナマに派遣期間中に私用で追加休暇を頂くのは
非常に心苦しいというか、申し訳ないというか、なんというか・・ だったけど
妹の結婚式に行けなかったら絶対一生後悔すると思い、休暇を頂きました。

結婚式前日の夕方到着・翌日朝出発の強行帰国だったけど
行って本当によかったと思えるほど式は素敵で、妹はきれいでした。



私の妹は、私と全く似てない。

まず見た目から姉妹に全く見えない、一緒にいると友達に間違えられる。
妹の方が美人でおしゃれで大人っぽいので、
私たちが姉妹と分かれば、よく姉・妹逆に見られる。

私は喜怒哀楽がすぐ顔・態度・言葉に出ちゃうけど
妹はほぼそういう事を出さないクールな子。

昔は反応が今よりずっと少なかったので、はたから見ると不機嫌に見えた。
今の妹はバイトで鍛えた営業スマイル?で何かと反応はするけど
姉の見る限り時々無理して笑ってるのがよくわかる。。

そんな妹は、意志はめちゃくちゃ固い子で (← そこは姉妹一緒かも)
決めたことは最後までなんだかんだで絶対やり通すタイプ。
自分の進路や生活に対してもそうだし
それに反することなれば親のいう事を断じて&喧嘩してでも聞かなかった、よな。

小さいころはそんな妹に驚かされた、
「親のいう事聞かないってありなんだ」って(笑)。
高校・大学時は逆に「大丈夫か・・」と色々心配した、かな。
親から事情を聞き、アメリカから妹の携帯に電話したことが何度かある。

私はそんなクールビューティーな妹が昔から大好きで、何かと妹をかまった。
自他認めるシスコンだった、というか今もそうだけど。
私が「きいて」「XXしない?」といろいろ妹に話しかけると
妹はたいてい「なに?」「しょーがないなぁ・・」という顔をする。
でもなんだかんだで話聞いてくれたり、一緒に買い物やカフェしてくれたな。



私と妹の習い事はピアノと習字で同じ、部活動も同じく小中高ずっとバスケ。
公民館でやっている絵画教室とか卓球とかも一緒に行ったり。
好きな漫画や本が同じだったから一緒にお金出し合って集めたりしたな。

妹の代の小学校バスケチームは強くて、毎週夜練もしてて
よく帰りのお迎えに体育館行ったな。

妹は何かと筋肉が固くなりやすい子だったから
部活から帰ってきたときや旅行中はよく氷嚢やストレッチしてあげたな。

とりあえずなんかあったら妹を私のベットで寝たふりさせて
親が入ってこないようにしてたな。

お互い試験前日で深夜まで勉強してた時はよく一緒に夜食食べたな、
休憩って行って深夜外に流星群を見に出た時もあったかな。

一緒に写真を撮るときは決まって妹はカメラから目をそむけるから
「ちゃんと前向いて!」て言わないと、普通の写真さえとれなかったな。

妹との思い出は、しょーもないことからいっぱいありすぎる。


そんな風に昔のことを思い出してると
まだまだ私は妹離れができないんだな、と感じたり。


f0043656_1274035.jpg
ホテルに旦那さんと到着したときに見た妹のWeddingドレスの後ろ姿。
その姿見ただけでじーんってきてました。

姉としてというよりも、親みたいな心境で結婚式出た感じ。



本当に結婚式行けてよかった。
[PR]
by btsoon | 2013-02-21 12:33

レンソイスへ

去年一目ぼれした場所は
ブラジル北西部にあるレンソイス・マラニャンセス国立公園。
パナマからの夜行便・ブラジル国内線・長距離バスを駆使?してやっと到着。

この国立公園は
雨季の終わりの時期(6~7月)の景色がとても有名だけど
今の時期でも水晶の原料である石英でできている白い砂丘は圧巻。
その砂はあまりにもさらさら&細かすぎて、肌についたら水で洗わないと取れない。

太陽の向きや風の強さによって砂丘の景色がどんどん変わる。
それを見ているだけで面白く、飽きない場所でした。

f0043656_137664.jpg
レンソイス国立公園に到着。
日差し強い、風強い、そして一面白いっ!


f0043656_1362353.jpg
ガイドの案内でFish Lagoonを目指す。


f0043656_138199.jpg
Fish Lagoon!みんな泳いでます。
私は水着着てきたけど泳がず、池の周りをお散歩してました。


f0043656_1383624.jpg
夕方が近くなり、帰路につく。


f0043656_139438.jpg
レンソイス公園の夕日。


f0043656_1310720.jpg
次の日は、“ミニ”レンソイスと呼ばれる近くの別の砂丘へ。
朝に2時間ほど大雨が降ったからか?もともとか?砂の色が変わってる。黄色い。
地面は水の流れた跡がそのまま残る。


f0043656_13114851.jpg
こんなのがあったので乗ってみました!
ミニレンソイスの海岸線をひとっ走り☆


f0043656_13122563.jpg
そんなドライブ中に出会った生き物。・・何者?!


f0043656_13125727.jpg
こんなところをドライブ。


f0043656_13131936.jpg
近くの街の灯台から見たミニレンソイス。


f0043656_1314784.jpg
ブラジル郷土料理(北部)のムケカ。
美味しいんだけどでかすぎて全部食べれず・・


f0043656_131552.jpg
世界遺産にもなっているサンルイスという都市を散策。
中南米で唯一フランスが建設した都市、タイル張りの街並みが有名。


f0043656_13162521.jpg
タイルとドアの色合いが素敵。


f0043656_13165461.jpg
3Dのタイルも発見。



レンソイス・サンルイスに行けてよかった、とても良い旅でした☆

ベストシーズンのレンソイスの景色は
ぜひ「レンソイス」をGoogle画像検索してみてください。本当にきれいです。
[PR]
by btsoon | 2013-02-14 13:23

カーニバル休暇

去年のカーニバル休暇はイグアスの滝に行ってきました。

その時に飛行機の中で見た
機内雑誌に掲載されていた場所に、一目惚れしてしまいました。

その写真からは全然想像もつかなかったその場所は
調べてみたら遠くて、田舎で、パナマからとっても行きにくい場所。

今まで「ここは赴任中行くの無理だろうなぁ・・」って思ってたけど、
「いやいや、今行かなかったら一生行けないっ!!」と思い
今回だいぶ無理やり突っ込んでみました(笑)。
夜を空港や機内で過ごすことが普通な旅行になります:P


日本一時帰国前のこの4日間、弾丸ですがちょっとまたお出かけしてきます!
真夏真っ最中なのでお肌焼けないように気を付けます。

写真をお楽しみに!
[PR]
by btsoon | 2013-02-09 13:50

バスケ

そういえば、最近パナマで初めてバスケをしました!!

仕事終わった後、夜に。外で。
アリゾナ時代を思い出させてくれるようなバスケでした。ぶっ続けの3on3。
すっごくすっごくすっごく楽しかった!

但し体力の衰えは本当にひどく、最後の方はシュートがショートばっか。
もともとよくはないけどボディーバランスも悪かったなぁ。


もちろん即日から筋肉痛がきたものの
2日目はさらに痛くなり、3日目はもっと筋肉痛を感じた。
でも4日目からはピタッとなくなった。

なんでだろう・・?



とりあえず、またバスケやるなら仲間に入れてもらおう☆
やっぱりバスケは一番好きなスポーツだと実感した時間になりました:)
[PR]
by btsoon | 2013-02-06 11:40

エンベラ族

先週末はパナマのインディアンの1つ、エンベラ族の村に友達と遊びに行きました。

エンベラ族は昔はコロンビアとの国境近くに住んでいたらしいけど
一部の家族が川を下って、将来的に運河ができる近くに住み始めたそう。
運河ができたときに国がその周辺を国立公園としてリザーブしたので
それまで行っていた狩猟や農作ができなくなり、
それ以降は「観光業」で生計を立てている、らしい。

「観光業で生活している」というのは
建物の作り、ご飯の出し方、村までの交通機関、お土産の質を見るとよくわかる。
人が来ることを前提とした暮らしをしているんだな、というのが分かる。

村の訪問だけでなく、近くの滝にも遊びに行けて楽しいツアーでした☆


f0043656_13175285.jpg
エンベラ族の踊り。
ピヨピヨ踊りと呼びたくなるような踊りでした。


f0043656_13185314.jpg
最後の踊りではみんなで手をつないで歩く踊り?
よく分からないけど、私も参加(笑)。


f0043656_13202774.jpg
ランチは白身魚フライとバナナチップス。美味!


f0043656_13211961.jpg
とてもしっかりした作りをしてるお土産、デザインもなかなか。
私はアクセサリー類を買っちゃいました。


f0043656_13221777.jpg
調理場。なぜ高床式かきいてみたら、
ジャガー(動物)が来るからと、下に船を置くから(雨が降っても大丈夫)らしい。


f0043656_13244342.jpg
今回は足にペイントしてもらいました。
これだったらストッキング履くし、落ちなくても大丈夫・・?


f0043656_13253533.jpg
滝にも行きましたー!
最初水が冷たくて仕方がなかったけど、入ったらへっちゃら。
マイナスイオンをたくさん浴びれる場所でした:)


f0043656_13264014.jpg
滝に向かうときの船から。


パナマ観光は、海外旅行よりも「行こう!」って思わないと
なかなか行けないので(近すぎるからかな・・)、今回はいい機会になりました。

誘ってくれた友達に感謝!
[PR]
by btsoon | 2013-02-05 13:10

カラになりました

こんなに毎日暑いのに
今週は風邪をひいてしまいました。

鼻水にくしゃみ。典型的な風邪。

赴任時に日本から買ってきてきたパブロン
今回でなんと終了。空っぽ。

f0043656_1325195.jpg
こんなに飲んだっけ?風邪ひいたっけ?と自問。

うーん、言われてみればちょこちょこ引いた気がする。


1年7ヶ月でカラという事実。
体調管理はもうちょいきっちりしていこうと思います。


今度風邪引いたらまだ開けてないルル飲みます!
[PR]
by btsoon | 2013-02-01 12:50