神奈川出身SHUです。社会人11年目、日系メーカーに社内SEとして勤務。何事も楽しんだもの勝ち!がモットー。2児の母。


by btsoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パッキング

パッキング完了!段ボール3つ、上出来☆

引っ越し回数を数えてみたら、この10年でこれが9回目。
なんかもう慣れたものになっちゃった感じ(笑)。
捨てて詰めて捨てて詰めて、ちゃきちゃきできました。

帰国時は、スーツケーツ大1つとチビちゃん1つで帰ります。


物がなくなっていく家の中がちょっとさみしい。
でも最後でバタバタしないように、今からほとんど片づけなきゃ。

来週の今日(木曜日)にパナマ出発。早いな。
[PR]
by btsoon | 2013-05-24 14:11

コンタドーラ島

実は先週末、コンタドーラ島に日帰りで行ってきました。

コンタドーラ島はパナマシティーからフェリーで2時間の島。
会社の先輩たちのオススメで行ってきました。

アパートに近いトランプタワーからフェリーが出てることを知り、
朝7時半にトランプタワーに行き、当日券90ドルを購入して、外のバーでまったり。
8時に出発のはずが、フェリーが来たのが8時半。出発8時45分。

ま、いつものこと。

2時間後に到着したコンタドーラ島は、
太平洋側の海だけどカリブ?って思うほど海がきれいでした。
 ※海がきれいだったのは、まだ雨季が始まってないからという説あり。

到着したら、坂を駆け上がって黄色い壁のお店へ。
先輩から教えてもらったシュノーケリングツアーのお店。
フェリーの到着が遅れたからギリギリだったけど、なんとかツアー参加OKに。

シュノーケリングするには透明度があまりなかったけど
思った以上にきれいなビーチや海岸で、ぷよぷよ泳ぐのは楽しかった☆

海水に入ったあとはすぐに水で洗わないと肌がかゆくなってしまう私。
シュノーケリングツアーの事務所横に水道&ホース発見!
ガイドさんにお願いして(&チップあげて)水を出してもらって水浴び。
トイレに行って着替えて、ごはんー!

なぜかこの日はコンタドーラ島の全店のレストランが閉店。
がっつりシーフードを食べようと思ってたのに・・><
結局、開いてたバーでありったけの食事系つまみを食べました。

そんなコンタドーラ島、楽しかったです☆


f0043656_0575378.jpg
フェリーでコンタドーラ島に向かう、背景はパナマシティー。
フェリーには冷房もテレビもあって意外に快適。
ただ、席の幅が狭いのが難点。


f0043656_0582269.jpg
シュノーケリングツアーで、ひとでくんとご対面。


f0043656_0591571.jpg
ツアーはコンタドーラ島から離れ、周りの小さな島めぐり。
まずは砂と岩のみの、小さな島に到着。


f0043656_0593999.jpg
砂、というよりも砂になりかけの小さな貝殻の破片の島。お散歩。


f0043656_10312.jpg
次の島へ、ここはビーチがとってもきれい!


f0043656_112880.jpg
ビーチ近くでぷかぷか。


f0043656_114974.jpg
さらに移動してシュノーケリング。


f0043656_12652.jpg
おお、おさかな!


f0043656_122575.jpg
シュノーケリングしながら、近くの島まできたよ。
ここも海が本当にきれいだった。



新しいパナマの一面を知れた、いい日帰り旅行でした。
[PR]
by btsoon | 2013-05-20 01:07

最後の出張

今週はコンベンションの続きでずっと出張してました、コロンビアとコスタリカ。

ここに集まる自社メンバーやディーラー(お客様)が、
私がこの赴任期間の2年間で一番仕事をした方たち。
コンベンションの中で時間を頂いて一人ひとり挨拶をしてきました。

予想はしてましたが・・ やっぱり泣きました。


挨拶の中でいろいろ話している間に
その人とのこの2年間の一緒にしてきたことをいろいろ思い出す。
辛いことも沢山あったなぁって思いながら、
やっぱりこの人と仕事ができてよかった、楽しかったなと思う。
もうこの人と仕事ができないかと思うと、やっぱり寂しくて泣けてしまう。

各国のディーラーの方々、
そしてコロンビア支店と中米(コスタリカ・グアテマラ・サルバドル)支店のみんな、

「今まで本当に有難うございました、
 あなたとここ中南米で一緒にお仕事をできたことは一生の思い出です」

挨拶した後は、写真を一緒に撮りました。
ここで一緒に働いたこと忘れないでねってプレゼントを頂いてしまったり。
最後にハグとほっぺにキスをもらって(こっちの挨拶)、バイバイ。

日本に帰れるのは嬉しいけど、やっぱり寂しい><



私はみんなの日本人イメージを変えたそう。みんなの言葉をまとめると・・

 SHUは・・ よくしゃべる!
 スペイン語よく分からない時からもしゃべるしゃべる!
 日本人は静かな人が多いから、最初はびっくりしたよ。

 SHUは・・ よく食べる!
 まず食べる量が半端ない!いっつも「お腹が減った」っていう。
 食べてる時のSHUの嬉しそうな顔といったら・・(笑)。
 「これ食べる?」って聞いたときは「NO」って絶対に答えない。
 ローカルフードも全部好んで食べるのに、なぜかアボガドが食べれない。

 SHUは・・ 一緒にいて違和感ない!
 日本人っていうよりも、ローカルに近い(なんだそりゃ)。

私は私ってことで。



コスタリカコンベンションの夕食会がブラジルレストランであったんだけど
サンバパフォーマンスの中で、なぜかダンサーに指名され踊ることに。約100人の前で。
f0043656_23171242.jpg
当日&次の日に、中米各国のディーラーさんと支店のみんなに突っ込まれる。
「SHU、サンバ踊れるんだねー!」 踊れないって。
ま、これもいい思い出。

でも、人前で踊っちゃえるノリを身に着けたのもここに来たからかな
(こういうパフォーマンスでなぜかよく呼ばれるたし・・)。
周りがラティーノだから踊れるんだろうね、日本じゃ踊りません。



これが赴任期間中の最後の出張でした。
全員ではなくとも、お世話になったみんなに会えて本当によかった。
[PR]
by btsoon | 2013-05-19 23:27

30代の始まり

つい最近、パナマの会社の現地メンバーと話していた時に
「SHUはパナマの郷土料理をサンコッチョ(チキンスープ)しか知らない!」
と言う事が発覚し、みんなにブーイングを受けてしまう事態に。

「SHUの帰国前に絶対にパナマ料理食べさせるよ!」と宣言をされ(してくれ?)
そのご飯のコーディネートを、実は、私の誕生日にしてくれました。

昨日(土曜日)が30歳の誕生日。


当日、会社の友達が家まで迎えに来てくれパナマ料理のレストランへ。
つい最近できたレストランで、きれいなところ。

テーブル囲んでメニューを手にするも
いつも通り話に花が咲いてしまい、なかなか注文ができない。
やっと話がひと段落、各メニューのどんなところが郷土料理なのか説明してくれ注文。
ご飯が来ても、話が弾み、なかなか食べるペースが上がらない。

そんな「Girl's Lunch」@パナマ。

ランチ後にはケーキが出てきて
店員さんなしでハッピーバースデーを歌ってくれ
プレゼントとメッセージカードまで頂いてしまった・・ 感激。泣きそうでした。

f0043656_13162194.jpg
前菜


f0043656_13163551.jpg
メイン料理たち: 
3人で来たのに4人分注文。
私にできるだけ多くのパナマの郷土料理を食べさせるため、だって(笑)。


f0043656_13173423.jpg
ケーキ☆


国籍や年齢とか関係なく、気が合う人といる時は心地いい。
私は全部スペイン語が聞けてるわけでもなければ、完璧に話せてるわけでもない。
はっきり言って、パナマや中米やコロンビアのことまだよく知らない。
でもそれを承知で”一緒にいよう”って言ってくれる。

何かと気にかけて連絡をくれ、何かあった時は一緒に笑える仲間が各国にいる。
この存在が嬉しいし、本当に有難い。

私はどこ行っても本当に人には恵まれてるって再認識。


そんな30代の一日目でした、素敵な一日でした。
[PR]
by btsoon | 2013-05-12 12:48

コンベンション

今日はパナマで自社のコンベンションでした。

2年前、このコンベンションに参加するために初めての海外出張をした。
そしてその数週間後にパナマに赴任。
今年、コンベンションのあるこの月で任期が終わる。

ただの偶然だけど、いい区切り。
お世話になった各支店のみんなやお客様たちに挨拶ができる。

ありがたい。



2年前のコンベンション時の写真。
自社の電池のマスコットEvolta君とのツーショット。

f0043656_133209.jpg
とりあえず「飛び込んじゃえ!」って着た中南米。
飛び込んでみてよかった、いろいろあったけど結局全部楽しかったって言える。

またいつか、来れるといいな。
[PR]
by btsoon | 2013-05-07 13:50

引っ越し準備

今日はスーパーの袋で10袋ぐらい捨てたかな。

引っ越しの日が近づく。
荷物の量を減らすために、基本引っ越し前はものをどんどん捨てる。
引っ越し先に持っていくか迷ったものは「捨てる」ことが大事。
本当に必要だったら迷うことないから、ね。

プリンターやナノケアドライヤーとか
もしかしたら誰かが使ってくれるかもと思えるものは、リストアップ。
捨てる予定の服とかタオル類は寄付とかできたらいいんだけど
パナマにそんなプログラムなんてあるのだろうか。
ちょっと人事に聞いてみよう。

目標は段ボール箱3つ!
帰国まであと3週間ちょい。計画的に進めなきゃ。



ランダム写真:
f0043656_14443455.jpg
ある旅行でのマルガリータ@空港。

旅行の帰路はちょっとアルコールを飲んで飛行機でぐっすりが定番、かな?
この時はテキーラの気分だったので☆
[PR]
by btsoon | 2013-05-06 14:50